霜月朔日の月次祭にご参列をいただきまして誠にありがとうございます。今一番の心配事でございます、新型コロナウイルス感染症もようやく終息に向かいつつあるようでございます。このことについては全国津々浦々の神社で終息の祈願を行っていることにもよるかと思いますし、日本人の品性、お行儀のよさがこの成果に現れてきているのではないかと思われます。行政のパンデミックに対する混乱がありましたが、国民一人ひとりが心をあわせてどうずればよいかを考えて行動したこと、また一途な祈りに応えた大神様のご加護が加わったことがこの成果としてあらわれたのだと思います。 さて、旧暦の11月には霜が降りているころで、霜月と言われるのですが、この月は国民の祝日が2日ございます。11月3日は文化の日、そして23日は勤労感謝の日です。しかし、この言い表し方ですと、もともとこの日が何の祝日なのかがわかりにくいのです。戦前は、11月3日は明治節と言われておりました。この日は明治天皇のお誕生日でございます。近代国家の礎は明治の時代からおこりますがその原動力の中核となったのは明治天皇でございました。世界の国々と対等に付き合うのに将軍ではうまくいきません。征夷大将軍は天皇に任命される存在だからです。国家元首たる天皇でなければなりません。その明治天皇の御功績を振り返り、誕生日をお祝いする日であったのですが、それが文化の日という名称に変えられてしまいました。23日は勤労感謝の日となっておりますが。その日には新嘗祭という御祭がございます。天皇陛下自らが皇祖天照皇大神に新穀を始めお食事をお供えいたします。神宮に向かって陛下自らお食事をささげ、それをお召し上がりになるという御祭です。もっとも尊い儀式でありますが、このことが日本人の国民性を培ってきたと言っていいのです。米作りには集団での労力が必要です。何よりも和の力をもってそれを成し遂げてきました。パンデミックにあたっても和の心が作用したのではないかと思われます。嘗めるということは、神様に捧げものをし、それを食し神様を身体に宿すということです。我々もお祭りののち、直会をいたします。神様にお上げしたお神酒をおさげしていただき神人合一となるという儀式です。コロナのためにそれは中止しておりますが、落ち着きましたらまた神前のお神酒を皆様に召し上がっていただけることができると思っております。 今改めて、八百万の神々に守られた国なのだということを心に留め置きたいと思います。コロナ禍は、明るい兆しもみえてまいりました。衆議院選挙もさほど大きな変化もなく、安定した政り事が行われることでしょう。今後の政治にも期待をしつつ 最後に皆様のご健勝と弥栄をお祈りさせていただきましてごあいさつとさせていただきます。
10月月次祭宮司講話より 神無月の月次祭にご参列をいただきましてありがとうございます。 10月を旧暦で神無月と申すのですが、この月は最も重要なる月であると考えております。神宮では神嘗祭、出雲では神在祭という重要な神々による縁結びのお祭りがございます。...
【令和3年 9月月次祭宮司講話より】 本日は9月朔日の月次祭にご参列をいただきましてありがとうございます。...
本日はお暑い中八月一日の月次祭にご参列をいただきましてありがとうございました。 八月は旧暦で葉月と申します。 八月には八朔という大事な行事がございます。...
本日はお足元の悪い中またご多用のところ月次祭にご参列をいただきましてありがとうございました。7月は旧暦で文月と申します。七月は七夕の月ですが、昔から中国では奇数を陽の数字として尊ぶ習慣がございました。七月七日の七夕の日は陽の重なるおめでたい節句の日でございます。その日に禊やお祓いをする習わしがございました。...
本日は5月朔日の月次祭にご参列をいただきましてありがとうございました。 今ちょっと揺れました(地震)けれども、この建物は耐震補強工事をしておりまして、10年前の東日本大震災の日に完成し、午後より耐震検査をすることになっていたのですが、まさにその前にあの地震がありまして、耐震強度が証明されたということになりました。...
4月朔日月次祭 宮司講話より 本日は4月の月次祭にご参列をいただきましてありがとうございました。 旧暦4月は、卯月と言います。白い卯の花の咲くときからでしょうが、暖かくなって作物の植え込みをする月、植月とも言われます。...
本日は3月朔日の月次祭にご参列をいただきまして誠にありがとうございました。3月は旧暦で弥生と申します。弥生とは、「弥(いよよ)生(お)うる」という意味でございます。いよいよ生まれるということは草木が芽吹き成長するだけではなく、物事が大きく展開してゆくという時期でもあるということです。...
本日は月次祭にご参列をいただきまして誠にありがとうございました。2月は旧暦で「きさらぎ」と申します。「きさらぎ」といいますのは「更に 着る月」着更月が語源と考えられます。寒い月ですからさらに重ね着をするということでございましょう。しかし一般には、「如し」と「月」という漢字でも表されます。...
本日はお寒いところ月次祭にご参列いただきまして誠にありがとうございます。 今年もあと一か月となりました。今月は旧暦で師走という月ですが、この月は「春待ち月」とも申します。今年の春から省みますれば、非常に不安定な日々であったり、この先もしばらくはこのような状態が続くであろうと思われます。...

さらに表示する