本日は7月朔日の月次祭にご参列をいただきまして誠にありがとうございました。この月は民間信仰としての年中行事である七夕がございます。またご当地でのお盆・みたま祭がございます。七夕という行事はいう間でもなく星神に願いを届けるという行事として定着しており、牽牛、織女が一年に一度天の川をはさんで逢瀬を楽しむという中国伝来の説話で知られていますが、一方で日本のみたま祭や神に織物を捧げる機織の女神への信仰ともつながります。一般的には笹竹に願い事を書いた短冊をつるすということがよく知られております。 7月は旧暦で文月と申しますが、この「文(ふみ)」というのは神々に願い文を書くということからきています。さらに乞巧奠という針仕事の上達を願う古代中国の風俗行事が加わります。6月は水無月=水の月と申しますが水無月は田んぼに十分に水が行き渡り7月になれば田仕事も一服です。農作業に少し暇ができます。そうした時には先祖の神々をまつるってきました。後に仏教が入りますとこの時期に施餓鬼という行事が行われ、餓鬼道に落ちた御霊を救うという仏教行事ウラボン・盆と重なります。そのためみたま祭は仏教の行事かと思われますが、もともとは農閑期の先祖祭がベースにあるわけです。 今は本来であればまだ梅雨の時期ですが今年は一気に猛暑になりました。コロナは少し落ち着いたようですが猛暑のためまだ外には出ないようにという御触れが出ているようです。暑さに体がついてゆきません。 昨日6月30日は夏越の大祓式がございました。大祓式というのはお祓いの儀式です。今日私どもが白い装束を着ておりますのも年の後半期を迎えての祓の儀式という意味でございます。 本日は皆さまおひとりお一人に玉串を捧げていただきましたが、「玉」というのは「串」の尊称です。串というのは神様に物を捧げるのに、直接捧げるのは恐れ多いことだとのことから、串にはさみ捧げたことからきております。 現在一般的には玉串は榊を使っております。さかきというのは木偏に神と書きます。この榊の意味には栄える木という意味です。お一人おひとりに玉串を捧げていただき、お栄えあらんことを祈ります。 どうか夏から冬のこの半年間もご無事でお過ごしいただきますようお祈り申し上げまして、ご挨拶とさせていただきます。
6月の朔日の月次祭にご参列をいただきましてありがとうございます。旧暦の6月は「水無月」と申しまして、水の無い月と書きますが。意味するところは「水の月」ということであります。まもなく梅雨に入り、雨の多い月に入ります。水という言葉は緑と関わる言葉が多いのです。みずみずしい緑が色濃くなり、そこに大きな命の蘇りのような力を感じるわけです。お手もとの社報に「とこわかの杜」という題で文章を書かせていただきました。「とこわか」とは、常に若々しくあるという神道の言葉です。みずみずしいものやその「気」にふれることで、我々は常に発展を遂げることができます。そうした心を先人たちから受け継ぐことができるのです。 緑という漢字には糸偏が付いています。「みどり」になぜ糸偏をあてるのかということを考えますと、みどりという色は糸を草木染をすることで浅黄色になることから糸へんが付いてくるのです。 今月の終わりには夏越の大祓があります。夏を越えるためにお祓いをするご神事です。疫病の流行する時期なので、茅の輪をくぐって疫病を祓う神事も同時に行います。茅の輪(ちのわ)は「かや」ですが、今は本殿の聖域に生えている笹で輪を作っております。20日過ぎくらいになりますと、「茅(かや)」が届きますので、改めて作り直します。この茅のするどい葉が魔を祓うとも、水辺に生えるこの植物の生命力が草木の中で一番強いからその生命力にあやかるとも言われます。6月30日、大祓式をしまして半年間の罪穢れを形代に移し後日水に流します。当日にお時間がございましたらご茅の輪をくぐり、参列いただき、又形代に移して穢れを祓い今年後半をも乗り切っていただきたいと思います。 コロナも収まってきたとは言え、まだまだ油断をすることなく、大神様の御力をいただきまして、ご健康でこのひと月もお過ごしになられますようお祈りいたしております。
本日は5月朔日の月次祭にご参列をいただきましてありがとうございます。旧暦の5月を「皐月(さつき)」と申します。「さつき」とは早苗を植える月との意味がございます。さつきの「さ」や桜の「さ」は稲の古語でございます。桜は稲の古語を表す「さ」と、神様がいらっしゃる場所であり、大切なものをしまう場所である「くら」の二語からできたことばです。桜の花が咲くころに日本人の命の根としております「いのちね=いね」を植え始めるサイクルが始まります。「一年」と言う言葉、「年・とし」と言うのも稲を表す言葉です。 天孫降臨の時、国民の食糧として稲が授けられました。 先月29日は「昭和祭」を行いました。昭和天皇の偉大なる御功績、国民への慈しみ、国を守ったその御心に感謝を申し上げました。 我が国の祝日に天皇に関わるものが4つございます。2月には「紀元祭(神武天皇即位)」と天皇のご長寿を祝う「天長祭(天皇誕生日)」、そして「昭和祭」、11月3日の「文化の日」です。「文化の日」は「明治天皇誕生日」で、近代日本を作り上げた明治天皇様の誕生をお祝いする大切な日だったのですが、戦後「文化の日」になりました。正しくは「明治の日」であり、そうすべきです。 今この「文化の日」を「明治の日」にしましょうという運動が国会内でも高まっています。  「昭和の日」も初めは「みどりの日」でしたから「明治の日」に替わってほしいですネ。 我々は天皇の国に住んでいます。天皇を頂くことが日本人のアイデンティティであり、世界に誇るものだと思います。こうしたことを見直すことが必要です。 神社の杜のことを「常若の森」と言います。常に蘇る、常に若々しくあるという精神が神道の精神にあるのですが、皆さまもこの鳥居を潜って、この萌黄色の木々の葉をわたる風に芳しき香りを感じたと思います。緑の気に充ち満ちた空間になっています。昨今「酸素ステーション」と言うのがありますが、神社の境内は常に酸素ステーションだと思います。 元気のない方は神社に来て元気になり、元気な方はさらに元気になる場所、それが神社です。 先人達がこうした形を作り上げました。生き生きとした暮らしの中心に神社があると思います。世界中が重苦しい空気の中にあり、多くの人の命が冷たい海の中に喪われる事故もありました。私達の心も重苦しいですが、3年ぶりになんの制約もないゴールデンウィークを迎えます。今日はこうして神社でご神気を頂き、気持ちよくこの月を過ごして頂きたいと思います。 皆様のご健康を祈念してご挨拶に代えさせて頂きます。
四月、卯月朔日の月次祭にご参列をいただきまして誠にありがとうございます。 日本の年度は4月だと思います。当社も昔9月だったのですが、世間にあわせて4月にしました。4月という月は心萌たつ時期ですので、それが始まりにふさわしいのではいつかとつくづく思います。...
本日は三月朔日の月次祭にご参列いただきましてありがとうございます。日差しが春を感じるようになりますと旧暦の「やよい」と我々の先祖が名付けましたまさにその季節を感じるようになります。旧暦でありますから実際には一か月先になりますが、いよいよ生命の力を感じるようになってくるころなのであります。...
令和4年 二月朔日 月次祭宮司講話より 本日は二月朔日の月次祭にご参列をいただきましてありがとうございます。 明後日2月3日は節分祭を執り行います。ほとんどの神社は豆撒きを中止しております中、当社では魔を祓う、病気を祓うという強い意をこめましてコロナ対策をとり豆撒きを行います。...
令和3年12月朔日月次祭宮司講話より ことしも最後の月となりました。 旧暦の十二月、師走の月次祭にご参列をいただきましてありがとうございます。...
霜月朔日の月次祭にご参列をいただきまして誠にありがとうございます。今一番の心配事でございます、新型コロナウイルス感染症もようやく終息に向かいつつあるようでございます。このことについては全国津々浦々の神社で終息の祈願を行っていることにもよるかと思いますし、日本人の品性、お行儀のよさがこの成果に現れてきているのではないかと思われます。行政のパンデミックに対する混乱がありましたが、国民一人ひとりが心をあわせてどうずればよいかを考えて行動したこと、また一途な祈りに応えた大神様のご加護が加わったことがこの成果としてあらわれたのだと思います。 さて、旧暦の11月には霜が降りているころで、霜月と言われるのですが、この月は国民の祝日が2日ございます。11月3日は文化の日、そして23日は勤労感謝の日です。しかし、この言い表し方ですと、もともとこの日が何の祝日なのかがわかりにくいのです。戦前は、11月3日は明治節と言われておりました。この日は明治天皇のお誕生日でございます。近代国家の礎は明治の時代からおこりますがその原動力の中核となったのは明治天皇でございました。世界の国々と対等に付き合うのに将軍ではうまくいきません。征夷大将軍は天皇に任命される存在だからです。国家元首たる天皇でなければなりません。その明治天皇の御功績を振り返り、誕生日をお祝いする日であったのですが、それが文化の日という名称に変えられてしまいました。23日は勤労感謝の日となっておりますが。その日には新嘗祭という御祭がございます。天皇陛下自らが皇祖天照皇大神に新穀を始めお食事をお供えいたします。神宮に向かって陛下自らお食事をささげ、それをお召し上がりになるという御祭です。もっとも尊い儀式でありますが、このことが日本人の国民性を培ってきたと言っていいのです。米作りには集団での労力が必要です。何よりも和の力をもってそれを成し遂げてきました。パンデミックにあたっても和の心が作用したのではないかと思われます。嘗めるということは、神様に捧げものをし、それを食し神様を身体に宿すということです。我々もお祭りののち、直会をいたします。神様にお上げしたお神酒をおさげしていただき神人合一となるという儀式です。コロナのためにそれは中止しておりますが、落ち着きましたらまた神前のお神酒を皆様に召し上がっていただけることができると思っております。 今改めて、八百万の神々に守られた国なのだということを心に留め置きたいと思います。コロナ禍は、明るい兆しもみえてまいりました。衆議院選挙もさほど大きな変化もなく、安定した政り事が行われることでしょう。今後の政治にも期待をしつつ 最後に皆様のご健勝と弥栄をお祈りさせていただきましてごあいさつとさせていただきます。
10月月次祭宮司講話より 神無月の月次祭にご参列をいただきましてありがとうございます。 10月を旧暦で神無月と申すのですが、この月は最も重要なる月であると考えております。神宮では神嘗祭、出雲では神在祭という重要な神々による縁結びのお祭りがございます。...
【令和3年 9月月次祭宮司講話より】 本日は9月朔日の月次祭にご参列をいただきましてありがとうございます。...

さらに表示する