神前結婚式について

当社では、太子堂のブライドアーティストグループと共同で神前結婚式を行っております。

 

お支度は社務所で、お式は荘厳な社殿で、ご希望の方には「祝い神楽」(太子堂囃子社中)の奉奏も出来ます。お写真はご両人は神楽殿で、集合写真は社殿前(雨天=社殿内)でお撮り頂けます。

お式の次第は、先ずお清めのお祓いをします。続いて神職が二人の新しい門出を祝う祝詞を神さまに申し上げて、ご加護をお願いします。

その後、新郎新婦が大・中・小三つの杯に注がれた神酒を酌み交わす「三献の儀(三三九度)」が行われ、指輪の交換をし、誓詞奉読の後、玉串を奉ります。最後に両家親族の固めの杯を交わします。

 

神前結婚式の流れ (PDF)

※神社本庁発行「氏子のしおり第52号 日本の結婚式」より抜粋